採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 看護師の採用情報
  4. 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

3階西病棟 看護師 白石 奈緒美

私は子供が好きで希望どおり産婦人科、小児科病棟に配属となり、現在は併設のNICUに勤務しています。主に早産・低出生体重児、呼吸障害のある児が対象となり、ご両親からお子さんをお預かりしている為、緊張と不安の日々です。そんな中でも先輩方からのご指導等のお陰で楽しく仕事をしています。そして退院を迎える児とその家族を「おめでとうございます」と送り出せる事がとても嬉しいです。

今後の進路を考えるきっかけを作れたらと思いますので、ぜひ見学にいらして下さい。お待ちしています。

3階東病棟 看護師 鹿野 佐千子

循環器内科、心臓血管外科病棟に配属となり4年目になります。ほとんどの患者さんが心電図モニターを装着しており、スタッフステーションには心電図モニターがたくさんあります。常にアラーム音が鳴り響いています。体のなかで一番重要な臓器といっても過言ではない心臓を診ている病棟のため、いつ急変が起こるか・・・と緊張感をもって仕事をしています。多くの場面で危険予知をするようにしていますが、日々予想もしなかった出来事が起こります。日々勉強です。正直、忙しく体がついていかない時もあります。でも、こんな私を癒やしてくれるのは、患者さんの喜んでくれる姿や、ちょっとした笑顔です。患者さんや先輩方からたくさんのことを教えていただきながら今日も看護をしています。
とても綺麗な大きい病院です。ぜひ一度見学にいらしてください。

4階西病棟 看護師 深堀 加織

先輩方の背中をひたすら追いかけ、与えられた仕事をこなすので精一杯だった1年目に比べ、今は任される仕事も増え、プレッシャーを感じながらも充実した日々を送っています。まだまだ知識・技術共に未熟ですが、先輩方の適切な指導のおかげで、たくさんのことを吸収することができています。

そして何より、患者さんとの関わりが自分自身を成長させてくれているのだと思います。麻痺のある患者さんが歩けるようになった。眼が見えなかった患者さんが笑顔になった…患者さんと喜びを共有できることが私のやりがいにも繋がっています。

時には壁にぶつかることもありますが、その時は信頼できる同期、頼りになる先輩がたくさんいます!!
皆さん、ぜひ一度、見学にきてください。お待ちしています☆

専門・認定看護師

がん看護専門看護師


濱田 陽子 さん

がんを経験された患者さまやご家族は、がんや治療による苦痛や不安、治療や療養場所選択への迷い、治療と生活の両立の難しさなど、さまざまな課題に直面します。このような課題に対して、がん看護専門看護師は、多職種と連携し、患者さまやご家族にとってより良い方法を考え、調整を図っています。患者さま一人ひとりが、その人らしい生活を継続できるように支援し、そして、これからの過ごし方についても共に考えていくことを大切にしています。

また、がんを経験された患者さまやご家族へのケアに関して、看護師をはじめとした地域の医療職の皆さまの良き相談役となり、地域のがん看護の質の向上に努めていきたいと思っています。

老人看護専門看護師


日向 園惠 さん

老人看護専門看護師は、高齢者の複雑で多様な健康問題に対して、生活機能の維持・回復を促し、悪化を防ぎ、苦痛を緩和することで、QOLの維持・向上をめざし、個別性や質の高い看護実践を行うことが役割になります。

私は高齢者のこれまで歩んできた人生や生活に焦点をあて、過剰でも過少でもない医療やケアの提供をめざし、本人にとっての最善を多職種で考えるプロセスを大切に活動しています。また、看護師が日々の日常生活ケアを丁寧に行うことに価値が見いだせるよう、身体拘束に頼らない看護を一緒に検討しています。

いつでもお気軽にご相談ください!

認定看護師

がん化学療法看護認定看護師


菅原 美千恵 さん

がん化学療法とは、一般的に抗がん剤という薬剤を使用し治療を行う方法です。近年では、新薬も増え、抗がん剤の副作用への対応も進歩してきています。そのため、入院治療よりも外来治療が増えています。治療を受ける患者さんは、副作用に不安を感じておられる方が少なくありません。当院では、抗がん剤の投与を行う患者さんへのオリエンテーションをはじめ、治療中の副作用の発現時期や対処方法など、患者さんやご家族とご相談しながらセルフケア方法をご提案しております。

患者さんとそのご家族が安心・安楽に抗がん剤治療が行えるよう、今後も質の向上に努めてまいります。

乳がん看護認定看護師


玉置 一栄 さん

乳がんは早期の発見と適切な治癒により完治が可能ながんです。治療方法は、ひとりひとり乳がんのタイプによって異なります。

乳がんの診断時から乳がんの治療を考えたとき、たくさんの情報をどのように整理し、治療方法を決めていくか迷うことがあります。乳がん認定看護師は、乳がんの治療のことはもちろん、副作用のケアへのアドバイス、治療で変化した外見へのケア、治療と仕事との両立について、乳房再建、乳がんの自己検診、治療によっておこる女性特有の悩み〈妊娠、出産、セクシュアリティ、更年期障害など〉にも一緒に考え、ケアのお手伝いをさせていただきます。いつでもご相談ください。

糖尿病看護認定看護師


菊地 由恵 さん

糖尿病看護の役割は、患者さんの合併症の進展ステージに合わせて自己管理を支えることです。自己管理の方法を分かっていても、生活の中での実行が難しかったり、勘違いをしていたり、生活環境に変化があって困っていたりする患者さんの存在に気付くように心がけています。フットケア外来、糖尿病透析予防外来では合併症の進展予防につながる自己管理について患者さんと話し合っています。その他、多職種で構成している糖尿病サポートチームの一員として、院内外のスタッフを対象とした研修会や、地域の患者さん対象の糖尿病教室の開催も行っています。

私たちスタッフに会えることを楽しみに通院してもらえるように努めています。

摂食嚥下障害看護認定看護師


髙橋 恵美子 さん

食べることは栄養をとるという、生命維持に欠かせない人間の基本的欲求です。そしてお誕生日のお祝い、季節の行事、風習など、人間にとっての社会性や文化の要素が含まれた、生活の中における『楽しみ』のひとつです。

この「食べる」ことがスムーズに行かなくなることを「嚥下(えんげ)障害」といいます。嚥下障害は様々な病気や加齢によって症状があらわれ、誤嚥性(ごえんせい)肺炎や窒息がおきやすくなります。そういう方に、姿勢のとりかた、食べ方の工夫、食べ物の形態の工夫、嚥下力をつける練習などを行なっています。

一口でも美味しく食べられる幸せを感じていただけることが一番の願いです。

手術看護認定看護師


阿部 亜希子 さん

手術を受ける患者さんや家族は、麻酔や手術後の生活、術後の痛みや傷跡などに対する様々な不安と、病気の治癒や機能の回復など現状をより良いものにしたいという期待が入り混じった複雑な心境にあると思います。手術看護師は専門的な知識と技術を持ち、患者さんを中心とした手術医療チームの中で、常にそばで患者さんを守り、安心して安全な手術医療を受けられるようにチームを調整する役割を担っています。術中のみでなく、術前・術中・術後を通して継続的に関わることで、患者さんやその家族の思いに寄り添い続けます。手術や麻酔に対する不安に常に耳を傾け、「患者中心の手術医療」を目指します。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師

私たちは、肺の病気を抱えている患者さんとご家族の、「呼吸を楽に、その人らしく生きる」為の、お手伝いをさせて頂きます。

肺の病気を抱えている患者さんの多くは、“息苦しさ”を感じながら、生活しているのではないでしょうか?その“息苦しさ”を軽くする工夫や、病気と上手に付き合う為の方法を、患者さん・ご家族と一緒に考えていきます。また、呼吸困難感から「息苦しさは仕方がない」と諦めていませんか?少しの工夫で、その苦しさをやわらげて、「やりたいことを続ける」ことが出来ます。

ぜひ、私たちに、そのお手伝いをさせて下さい。普段、私たちは、病棟と外来、さらに看護外来にいます。お気軽にお声がけ下さい。


利部 なつみ さん


両角 和恵 さん

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、「創傷ケア(手術創、褥瘡)」・「ストーマケア(人工肛門、人工膀胱)」・「失禁ケア」に関して、専門的な知識と技術を用いて看護を提供することを目的としています。

3つの分野に共通する「スキンケア」や「排泄のケア」は看護の基本となるものであり、患者様の生活の質に大きく関わるものです。患者様、ご家族の方がより安心して日常生活を送ることができるよう、退院後も継続できるケアを提供させて頂きます。また、さまざまなご相談にも対応させていただきます。

入院日数が短い今、病院の中だけではなく、地域との連携も密にしながら、患者様を支えていきたいと思っています。


阿部 晶子 さん


大坂 安奈 さん

緩和ケア認定看護師

緩和ケアとはがんなどの病気からくるあらゆる「つらさ」を和らげるための患者さんとご家族のためのケアです。からだのこと(いたみやだるさなど)やこころのこと(不安など)これからの暮らしのこと、スピリチュアルなこと(生きている意味など)その人らしくもっと豊かな毎日を過ごせるようサポートします。

緩和ケアは、外来でも入院でも自宅でも受けられます。痛みやつらさを我慢することなく、「あなたが大切にしたいこと」を医療者に伝えてください。それが、治療の励みや療養生活の支えとなり、緩和ケアが全力で支援する基盤となります。緩和ケアについてお知りになりたい時は、いつでもご相談ください。


佐藤 富美 さん


紺野 志保 さん

救急看護認定看護師

当院は救急告示病院として、また地域の中核急性期病院として「断らない救急」をスローガンに掲げています。

救急外来は月平均2,200名以上の患者さまが受診しています。そのうち救急搬送は520名以上で、石巻医療圏の約50%を占めています。その他登米医療圏や南三陸医療圏からの救急搬送も受け入れております。その中で「命を救い、生を支える」役割を担うべく、患者さまの身体面のみならずご家族を含めた精神面のケアや、メディカル・ソーシャルワーカーと連携し地域の他施設への転院など、社会面も含めた医療・看護を提供できるよう、スタッフと共に努力しております。

また院内の患者さまやそのご家族などが急変することがあり、あらゆる時間、現場が救急医療の対象となり得ます。そのため急変を早期発見し対処できる能力の向上を目指し、院内全職員対象に勉強会を計画・実施しています。


澁谷 多佳子 さん


梶谷 日登美 さん

感染管理認定看護師

私達は患者さん・ご面会の方・職員・ご訪問の方など病院に関わるすべての皆さまを感染から守ることを使命に、職員を通じて医療を提供しております。医療に関連して起こりうる感染症の予防と感染症が起きた場合のすみやかな対処を役割とし、また、同じく地域の医療施設への支援を広く行っております。

感染を予防するために最も効果的な方法は「手をきれいにすること」です。これは皆さまと職員双方が行うことが重要です。当院は世界保健機構(WHO)の推奨する「手指衛生が必要な5つの場面」に則り、手指衛生を徹底することを定めております。不十分と思われる場合は、遠慮なくその場でご指摘ください。皆さまのご協力をお願い申し上げます。


長谷川 美絵 さん


松本 亜紀 さん

集中ケア認定看護師

集中ケアとは、生命の危機状態にあり集中的な治療を必要とする患者さんやその御家族に対する看護ケアのことを言います。私達、集中ケア認定看護師は、生命の危機状態にある患者さんの些細な変化を感じ取り、患者さんや御家族が身体的・精神的に早期に回復し、社会復帰を目指せるよう多職種と連携しながら、重症化や合併症の予防に努めています。また、集中治療に携わる看護師の教育や指導、急性期呼吸ケアチーム、早期リハビリテーションチーム、院内急変対応チームなどさまざまな活動も行なっています。地域の急性期医療を担う病院として、一人でも多くの患者さんが笑顔で退院できるよう日々奮闘しています。


丹野 正子 さん


藤井 静香 さん


阿部 美奈子 さん


芳賀 隆之 さん