採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 初期臨床研修医の採用情報
  4. 研修目標・研修計画

研修目標・研修計画

石巻赤十字病院臨床研修プログラム 臨床研修管理委員会:委員長 石橋 悟
研修プログラム

研修目標

プライマリーケアに要求される基本的な知識と技術を習得するとともに、併せて医師としてふさわしい倫理感、態度、習慣を身につける。

研修方法

石巻赤十字病院臨床研修プログラムに従い、ローテイト方式による。

1年次には、内科、外科、救急、小児科必修とし、内科系・外科系に傾向することなくプライマリケアの基礎固めを行う。なお、1年次から自由選択枠を設ける。

1年次後半から2年次に産婦人科研修、2年次に麻酔科、地域医療、精神科研修を必修とする。その他は自由選択枠とし、研修医が将来志望する診療科の研修にあてる。

また、2年間通年で一般外来4週を必修とする。

指導体制

各診療科の指導医に院内各部署が協力し、病院全体で研修医を育てる。年に2回程度形成的評価を行い、2年次終了時に総括的評価を行う。

研修の記録及び評価方法

    研修分野・診療科のローテーション終了時に研修医評価票を用いて評価を行い、年に2回研修医に形成的評価(フィードバック)を行う。

  1. 研修医は、次の時期にチェックリストに基づいて到達目標の評価を行う。
    1. 各科研修時
    2. 研修終了時
  2. 研修医は、研修分野・診療科ローテーション終了時に指導医評価票に基づき指導医評価を行う。
  3. 指導医は、研修分野・診療科ローテーション終了時に研修医評価票を用いて研修医評価を行う。
  4. 救急外来の看護師は、次の時期に研修医評価票に基づいて研修医評価を行う。
    1. 1年次:救急科(必修)ローテート後
    2. 2年次:1年次にローテートした月と同じ月
  5. プログラム責任者は、達成度判定票を用いて研修医ごとに臨床研修の目標の達成状況記載し、診療研修管理委員会へ報告する。
  6. 臨床研修管理委員会は、研修医の研修記録と自己評価、指導及び看護師の評価を確認し、必要があれば研修医の目標達成を援助する。
  7. 臨床研修管理委員会は、達成度状況の報告に加え、研修医の適性を考慮し、修了認定の可否を評価する。

研修の終了の認定及び証書の交付

研修管理者は、臨床研修管理委員会における評価等を踏まえ、研修修了を認定し、臨床研修修了証を交付する。