採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 初期臨床研修医の採用情報
  4. 研修医からのメッセージ
  5. 研修医からのメッセージ(近藤早希子)

研修医からのメッセージ(近藤早希子)

石巻赤十字病院で働くということ

初めまして。初期研修医1年目の近藤と申します。
私は社会人として初めての一歩を、縁もゆかりもない東北地方、宮城県石巻でまさに踏み出したところです。今は日々最後まで駆け抜けるだけで精一杯ですが、石巻赤十字病院の一員として働くことの喜びを感じています。

振り返ると、私が石巻赤十字病院に初めて見学に来たのは大学の先輩に会いに行こうという軽い気持ちからでした。当時は、研修病院に求める条件などといった堅苦しい項目を書き出した紙をバッグの中に入れて病院見学、説明会に行っては自分なりにスコアを付けて悩む日々。ところが、当院を見学した時にその紙は無用でした。文句なしに「ここがいい」と心にストンときたのです。

全国各地からやってきた人生経験も年齢も様々な個性派同期、その一挙手一投足から学びをもらえる優秀な先輩研修医、多職種との連携、豊富な症例と手技の機会、そして何よりも常に学び続けることが当然という文化。これらは一見どの病院でも謳われがちですが、当院ではその質の違いを感じます。
さらに当院での研修を特徴的にしているのが、研修医を守り育んでいく病院の気概です。有意義かつ安全に研修を積めるよう、研修医の労働時間、休日の管理はもちろん、指導医やコメディカルからの評価体制、資格取得や学会発表に対する援助など、自分の力を存分に発揮できる恵まれた職場環境が整っています。

研修医として、いま目の前にいる患者さんのために、そして将来の誰かのために、より良い自分を追い求めながら働き学んでいく中で、加えて「この病院のために」頑張っていきたいと思える何かが当院にはあります。それは、私が思うようにいかないことで戸惑い、反省することの多い今でも、ここでならきっと前を向いて前進していけると思える何かでもあります。ぜひ一度、見学に来てその何かを自分の肌で感じて頂きたいと思います。

石巻赤十字病院の一員として働くとはどういうことか。当院は「世界一強く、そして優しい病院」という目標を掲げています。